廃棄物処理場でお店から出たゴミの行方を学ぶ

環境省のデータによると、

日本のごみ総排出量は4,289万トン

一人1kgのゴミを毎日出している程の量となっていると言われています。

また、このままのペースでごみを発生し続けると約20年でごみの埋立地がなくなってしまうとも

言われています。

ネットやニュースで見る情報だけではなく

実際に身近にその問題を感じることから始めようと

スタッフ全員で産業廃棄物処理のパートーナー様の処理場に

見学に行って来ました。

現実を体感したからこそ私たちが今できること。

Reduce(リデュース)

Reuse(リユース)

Recycle(リサイクル)

環境負荷を減らした循環型社会を実現するために

私たちは強く意識し行動に移して参ります。