新渡戸文化学園中学校 ワークショップの開催

新渡戸文化学園中学校の生徒皆さんが、クロスカリキュラムのワークショップに 弊社運営のレストランKIGIに、お越しいただきました。

飲食店で体験をし学ぶワークショップ。


まずは、お料理の説明を聞きながら、お料理の試食を。

若手のキッチンスタッフ 兼 サステナブルデザイナーの城田一基から説明させていただきました。


もったいないお料理として

: KIGIでお味噌汁のお出汁をとった後の鰹節を使って作る「ふりかけ」

: 大根の皮で作る「お漬物」

: 通常、飲食店やホテルなどで受け取ってもらえず、卸売業者さんに戻ってきてしまった傷物のにんじんを使った「人参カステラ」

地球温暖化を考え発信しているMEAT FREE MONDAYで提案する

: 大豆ミートで作ったミートボール


次に、厨房の見学。初めての厨房に興味津々。厨房では、KIGIの料理長 兼 サステナブルデザイナー 前田 真吾が作る 「蕪のお寿司」を食べながら質疑応答。

「世界にお寿司を広める」という生徒さんのプレゼンを聞き、アイディアのひとつとして、ご用意させていただきました。美味しくて、珍しいお寿司に生徒の皆さん喜んでくださいました。

その他、KIGIの活動のひとつであるコンポストをご覧いただいたり、haishopの活動についてもお話しをさせていただきました。


生徒の皆さん、「美味しい!」と言いながら、たくさんメモをしてくれていて、美味しさと学びを持って帰ってくれていました。

未来を創る生徒の皆さんにお越しいただき、少しでも未来を描くヒントになることを願っています。