規格外野菜について考えよう

日本は、世界的に見てもフードロスが多い国と言われ、年間643万トンにものぼると言われています。

売れ残りや食べこし、期限切れ食品など、本来食べることができたはずの食品が、たくさん廃棄されている現状があります。

このフードロスの数値に入っていない捨てられている食品があります。

規格外の農作物です。

農作物は、流通させる時に、合理的に流通させられるように、「規格」があり、規格に合わない農作物は、市場に出回ることができず、毎日たくさん捨てられている現状があります。

形が少し規格に合わないだけで、味は保証されています。

私たちは、そんな規格外のお野菜の現状を伝えたく、農家の方から直接、野菜を仕入れ、

レストランやカフェのお料理で使わせていただいています。

また、弊社が運営する店舗では「haishop market」「八百屋KIGI」と称し、規格外のお野菜を販売し、ご家庭でお召し上がりいただいています。

こういった活動から、世の中の現状をひとりでも多くの方に知っていただきたいと思っています。

「食」に関わる問題は、様々あり関係しあっていますが、まずは可能な限り、直売所などで農家の方から直接お野菜を購入するなど、地産地消を心がけることからはじめてみませんか?