障害者支援 - siinomi sweets -

『しいの実会』は、児童施設『しいの木学園』を卒園した子ども達の保護者の方たちが、子ども達の働く場所として立ち上げられた障害福祉施設。『しいの木』が実り、『しいの実会』と名付けられました。お菓子工房『しいの実』はその施設のひとつ。


お菓子工房『しいの実』の皆さんが心を込めて作られた無添加の焼き菓子。

ここでは、利用者の皆さんが、社会の一員として自立した生活を営む事ができるように支援されています。

彼らのお菓子をはじめて食べた時、その美味しさに感動しました。

haishopで取り扱って、この美味しさをたくさんの人に知って欲しいと思いました。

利用者の皆さんが、自立した生活を送れるように工賃をアップしたいという想いで、はじめられたお菓子工房。

ここのお菓子は、子供の頃からお菓子作りが得意だった施設長さんがご自身で考えられた無添加のレシピで、利用者の皆さんの自立を考えて、皆さんのペースで全ての作業を行なっています。

職員さんも歳を重ねられ、また利用者の皆さんも歳を重ねられており、後継者がいないため、施設長さんもご自分がサポートできなくなった後のことをとても心配されています。

効率化を図るためのシステムの構築も難しくアナログな受発注を続けられています。

そのため、お菓子工房自体も少しずつ規模を縮小されているそうです。

haishopで取り扱うことで、販路を少しでも広げ、売上アップ、利用者さんの工賃アップに繋がることを目指しています。