サステナブル経営にピボットし、飲食・小売業の新しい価値を提案
「食」と「おみやげ」を通じて社会的課題の解決を目指す


「『ひと』と『地球』の未来を描く」をビジョンに掲げ、飲食・小売・コンサルティング業を通して社会的課題の解決を目指す会社です。全社員が「サステナブルデザイナー」という肩書を持ち、自身の役割の中で地球の未来を変えるための取り組みを自発的に推進しています。

<受賞歴>

・FOOD MADE GOOD 日本初の三つ星獲得(開催:日本サステイナブル・レストラン協会)

・令和3年度 横浜市食の3Rきら星活動賞受賞(開催:横浜市)

・サステナブルセレクション 三つ星獲得(開催:株式会社オルタナ)

・CREATIVE CHEFS BOX 2030「未来のレシピ」最優秀賞受賞(開催:日本サステイナブル・レストラン協会)

・FOOD MADE GOOD Japan Awards 2021 大賞受賞(開催:日本サステイナブル・レストラン協会)

■ 社会的課題の解決を目指す“きっかけづくり”を提供

 Innovation Designでは、これからの飲食・小売業の新しい価値を「対話」と考え、SDGsや社会課題について知るきっかけを提供しています。商品にまつわるストーリーを通してさまざまな社会的課題を知り、共感してもらうことで「ライフスタイルを少しだけ変えてみよう」と思う仲間を増やすことを目指しています。

<おみやげを通して社会的課題の解決を目指す「haishop」での実施内容一例>

■アップサイクルや障がい者支援等、社会課題解決につながる商品を選定・販売

■廃棄される野菜や果物をドライ加工した商品「ReFOOD」の量り売り販売

■販売中止になった商品のキャップやプラスチックチップ等の廃棄物をマテリアルとして販売し、お客様がつくった作品を購入者が価格を決めるスタイルで販売

- NEWS -